So-net無料ブログ作成

北の桜守 [日記・雑感]

先日約3年ぶりに映画を観に行ってきました。

鹿嶋には映画館が無いので、半年に一度くらい勤労文化会館で映画会をやってくれます。
鹿嶋の暇人は可哀そうな人種で、パチンコ以外に行くところがないのです。

仕方がないので、あまりお気に入りでない映画でも観に行くことになります。
今回は表題の「北の桜守」 

TVで食傷気味な配役も、史実に基づいたと謳う物語にも重さは全く感じられなかった。
日本の敗戦に付け込むソ連軍の描写不足が、物語そのものを薄っぺらに見せている。

一時某ブログで読ませて頂いていた戦後樺太の地獄は、その欠片だに感じさせないように出来ているのだ。

私たち兄弟も戦後の困窮の中、母親には一方ならぬ苦労をかけました。それはそれで感謝せねばならぬと思っています。

しかし、私の両親には許し難い弱さがあって、それ故に私たち兄弟は立身の芽を摘まれてしまった、と私は今でも怨みに思っています。

母親は、認知機能を失くした後、特老で朽ち果てるように逝ったそうです。90歳。
五人も産んで育てたのに、江蓮修二郎は一人も現れなかったのです。

罰当たりな息子が親に優しい言葉ひとつかけるでもなく、死に目にも会わず、葬式にも参列せず。

そんな息子に親を非難する資格があるか? ない! というのが普通でしょうなあ。

嫌な映画を見ちゃいましたねえどうも。
こんな映画がもてはやされるようでは、日本も終りだわい。

KIMG0093.JPG




nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます